株主・投資家の皆様へ

  1. HOME
  2. 株主・投資家情報
  3. 経営方針・戦略
  4. 株主・投資家の皆様へ
株主・投資家の皆様へ

平素から温かいご支援と格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。

当社は、2020年10月1日をもちまして持株会社体制へ移行し、「株式会社ツクイホールディングス」へと商号を変更いたしました。これにより、介護事業は新設した「株式会社ツクイ」が承継し、人材事業は「株式会社ツクイスタッフ」が、リース事業は「株式会社ツクイキャピタル」が、IT開発・保守事業は「株式会社DIGITAL LIFE」が取り組んでいくことになり、新たな経営体制のもとでツクイグループはスタートを切りました。

2020年の介護業界は、わが国の高齢化率が2019年には28.4%に上昇、また2018年度の介護費が10兆円を超える等、その需要は拡大しております。一方で介護業界における人材不足、厳しい介護報酬改定等の介護事業政策やお客様のニーズの変化等、当社グループを取り巻く事業環境は急速に変化しています。また、2040年を見据えると、これらの事業環境の変化に加えて、生産年齢人口の急減により労働力の制約が強まり、介護事業の提供基盤の継続性が懸念されています。
さらに、当期につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大に伴いデイサービス事業で2020年3月以降、4月の緊急事態宣言発令から5月下旬の解除まで、新型コロナウイルス感染症予防のため要支援、要介護1・2の軽度者を中心とした利用控えと、営業活動自粛により新規顧客数が例年を下回る等、想定外の影響を受け、経営環境が大きく変化しました。顧客の利用状況は徐々に戻ってきておりますが、コロナ禍以前の水準までは回復しておらず、感染者数の動向と連動し今後もある一定程度この傾向は続くものと予想されます。

当社グループは、持株会社体制への移行により、グループ全体で連携した事業推進体制を構築するとともに、新規事業等を推進し、必要な場合には、経営戦略に応じたM&A、資本提携および業務提携等による事業再編を迅速に行い、グループ全体の持続的な成長と更なる事業拡大を図ってまいります。

株主・投資家の皆様におかれましては、今後ともなお一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2020年10月
代表取締役社長 CEO